車査定買取 中古車を最高額で買取してもらう方法

車査定買取 中古車を誰でも簡単に最高額で買取してもらう方法

 

 車を買い替える時や車を手放したい時は、少しでも高く査定してもらい買取してほしいと思います。中古車を誰でも簡単に最高額で買取してもらう方法では、車を売りたい方や新車を購入する方の為に、現在所有している車を高く買い取ってもらう方法をご紹介しています。愛車を高額で査定して欲しい方、1円でも高く売りたい方は是非ご参照ください。

 

車査定買取にはコツがある!

一括見積りとは

 自動車買取というと中古車を買い取ってくれるお店に査定を依頼し見積もりをもらい、その額に納得すれば車の売却手続きを行うというのがおおまかな流れになりますが、買取を考えているのでしたら、見積もりはひとつのお店で出してもらってすぐに判断するのではなく、複数のお店に見積もりを出してもらって、見積もり額を比較検討すれば、より高値で自動車の売却が出来ます。

 

 普通に中古車店をひとつずつあたって、自動車買取の出来そうなところを探し、査定を受けて見積もりを出してもらっていたらかなりの時間と労力がかかります。

 

 そこで一括見積りを出してもらえるところに査定の依頼をすることで、車の買い取り価格を比較する時間が短縮できます。一括見積りはインターネットのサイト上で出来るサービスで、自動車の情報や申込者の情報の入力が簡単に行えて、いくつかの買取店からメールで見積もりの結果が1〜2日以内に届きます。

 

 この間にどこの買取店が車を高値で買い取ってくれるのかの比較を行います。複数の業者から見積もりが来るとどこの業者に依頼すると高値で車が売れるかが分かります。短時間の間に一番高く自動車を買い取ってくれる業者を探し出すことが出来るので、その後の手続きもスムーズに行えます。

 

 

インターネット見積りのメリット

 自動車買取を利用する時には少しでも高く買取をしてもらいたいと考えるものなので、そのためにはしっかりとコツを掴んでおく必要があります。車を高く売るためにはまず高く買取をしてくれる業者を探すことが重要ですから、その時に便利なのがインターネットを利用した見積もりです。

 

 この方法の一番の利点というのは手間を掛けずに一度の複数の業者から自動車の見積もりを取り寄せることができるので、一目見て査定額の違いを見比べることができるという点にあります。

 

 これを実際に店舗に持ち込んだり、あるいは業者に連絡をして出張査定をしてもらうとなった時に大変手間のかかってしまいますし、同時に金額の比較をすることができないため急いでいる時などに不便を感じてしまいます。

 

 しかし、インターネットで見積もりをしてもらえば簡単な情報を入力するだけで、一度に複数の業者から見積もりを取り寄せることができ、手間がかかりませんし家から出ることも無く売却を考えている自動車の金額を知ることができます。

 

 そして、金額の比較もしやすいだけに実際に買取をしてもらうにしてもある程度業者を絞り込んで実際の査定を受けることができるため、時間の節約をすることもできます。

 

 

買取と下取りで値段が違う訳

 自動車買取と下取りで大きく査定額が違って、驚いたことがある人もいるのではないでしょうか。それではなぜこのような金額の差が発生してしまうのかというと、下取りを利用する時というのはディーラーで新車を購入する時というのが一番多いパターンですが、ディーラーの仕事というのは当然新車を販売することにあります。

 

 そのため、客から引き取った車を高く売るといった販売ルートを持っていないことが多いので、どうしても査定額が安くなってしまう傾向になってしまいます。しかし、自動車買取業者の場合には、買い取った車を再び販売をすることで利益を上げているわけですから、高く売るためのルートというのも数多くあります。

 

 高く売ることができるルートがあるのであれば、買取をする際にも高い金額を提示しやすくなるので自動車を高く買い取ってもらいやすくなります。

 

 このような仕組みになっているため、基本的には買取業者に自動車を売ったほうが得することが多い傾向にありますが、あまりに古い車で金額もつかないような場合にはディーラーで下取りをしてもらったほうが、値引きの一環としていくらかの値段をつけてもらうことができたりするため、買取に出すよりも有利になることはありえます。

 

 

見積り金額に有効期限あり?

 自動車買取を利用する際に気をつけておきたいことは、見積り金額には有効期限があるということです。自動車というのは時間が経過するごとに価値が落ちていくものなので、いつまでも見積りが有効にはなりません。

 

 そのため、多くの自動車買取業者は有効期限を3日と定めている所が多く、その期間を過ぎて売却をすることになった場合、再度査定を受けなおさなければならなくなってしまうことがあります。

 

 それでは、実際にこの有効期限を過ぎた場合には車は減額になってしまうのかというと、必ずしもそのようなことは無く中古車市場の相場というのは変動の大きなものではありますが、よほどリコールが発生したといった問題や、その間に新モデルの発表があったということがない限り大きく金額が変わるということはありません。

 

 時期によっても価格の変動があり、業者によって買取をしたい時期というのがあるためその時期の近辺である場合、大きく変わってくる可能性もありますが、そのような場合を除いては金額がそれほど大きく変わるということはそれほど多くないため、期限が短いからといって金額に納得をしていないにもかかわらず、慌てて売ってしまうのは避けたほうが良いでしょう。

 

 業者側も安く買取をしたいだけに、期限をちらつかせて焦らせてくることもあるので、まずは期限を気にせずに納得の行く金額で売るというのが鉄則です。

 

 

外車を買取に出す場合の注意点

 外車は非常に高価なものだけに、自動車買取に出す際には是非とも高値で買取をしてもらいたいと考える人が多いことでしょうが、実はこのような車というのは金額のばらつきが大きく、元の価格は非常に高いのに売る時には二束三文ということも少なくありません。

 

 その理由としては、中古車市場というのは需要と供給で金額が決まるので、維持費のかかる外国の自動車を購入しようとしている人は限られているため、業者によっても査定額の差が大きくなってしまいます。

 

 例えば、ミニバンや軽自動車といったファミリーユースの車を専門に扱っている店が、高級な外国の車を買い取って販売しようとしても客層からしてそのような車はなかなか売れるものではありませんから、業者側としても買い取るのであれば金額を低くして不良在庫となったときの事を考えるとどうしても査定額は低目になってしまいます。

 

 そのため、このような車を高く売りたいと考えた時には外車を専門に扱っている、業者などを選んで査定をしてもらうことが重要です。専門に扱っているということは販売のルートを持っているということなので、客層のニーズにあっているため外車の価値を正当に評価してくれて高い査定額を提示してくれるためです。

 

 

売却までの流れと期間

 愛用してきた自動車を売却するにあたっては、少しでも高く買取してもらった方が得です。そのためには自動車を高く買取してもらうためのコツを知っておくことが大事です。1つ目のコツは洗車清掃に関してです。

 

 買取をする立場からすれば、自動車を綺麗に乗っているということがイメージを良くします。洗車清掃は実際の査定項目にはありませんが、愛車を大事に扱ってきたことをアピールするためには重要なことです。2つ目は車検に関することです。

 

 車検が残っているかどうかは査定額に大きな影響を与えません。買取業者は独自の方法で車検を安く済ませられるからです。従って自分で車検に出してから売却すると損になります。

 

 3つ目は傷やへこみに関してです。すぐに分かるような傷やへこみならば、査定の前に修理した方が得になります。大きな傷やへこみは修理代が高くなる可能性が高いので、見積もりを行ってから判断します。

 

 多くの買取業者はインターネットから24時間受け付けをしており、すぐに概算価格を知らせてくれます。そして指定の場所へ出張査定に赴きますので、金額に納得すれば契約手続きとなります。多くの場合は手続き完了後、数日中には代金の支払いが行われます。

 

 

 

車高額査定のポイント

高額で車買取して欲しいなら洗車を

 愛車を売るなら、できるだけ高く買い取ってもらいたいものです。車買取業者に高く買い取ってもらうための査定ポイントにはどのようなことがあるでしょうか。その一つは洗車になります。

 

 車が綺麗ですと査定する人に良い印象を与えることができ、査定額がアップする可能性があります。では、車のどこを洗車すればよいのでしょうか。もちろん車全体の塗装部分をキレイにしとくことは言うまでもありません。洗車した後にワックスをかけるとようにします。また下回りもきちんと綺麗にするようにします。タイヤハウスを含めた下回りも、丁寧に掃除するようにします。

 

 高額で車を買い取ってもらいたいなら、車の中を清掃することも大切です。そこも高額査定ポイントになります。特に、査定士が気にするのが車の中の臭いです。この臭いは非常に厄介なもので、なかなか取ることができません。

 

 かなり臭いが強烈な場合には、相当な時間をかけて車の中を清掃することになります。それは時間もお金もかかることです。臭いがほとんどない車の場合には、査定額がアップされることがあります。特に臭いが付着しているのはシート部分です。それでシート部分を徹底的に掃除するようにいたしましょう。

 

 

車検切れの影響

 車買取の際には「中古車としてどれだけの価値があるか」ということが主な価格決定要因となります。例えば車の外装に傷は無いかどうか、部品に故障は無いか、過去に事故を起こしたことが無いかといったようなことは代表的なチェックポイントであると言えるでしょう。

 

 店頭に並べた際に売れ行きが期待できるかどうかが重要なのですから、当然車検もチェックポイントの一つです。車検切れになっているというようなことになると業者としても「車検なし」という形で売ることになり、結果として需要が低くなりますので、価格は下がってしまうと見て間違いないでしょう。車検の有無が査定ポイントになる理由がある以上、車検期間内の車と車検切れの車ではやはり価格に差が出ます。

 

 最近だと車買取業者も自社で工場を持っていたり、工場と提携していたりするケースが多いためわざわざ改めて車検を取るほどの価格ダウンにはなりませんが、車検が切れているということで発生する価格の下落と、車を移動させるのにレッカー車などが必要となるということによって買取価格は大きく下がることもあり得るでしょう。

 

 そのため「車検切れだからと言って取り直す必要は無い」ということは間違いないものの「車検期間内に売却するべきだ」ということは忘れないようにしてください。

 

 

キズやヘコミは直す

 車買取業者に車を売却するときは、修理せずに査定を受けるのがポイントです。キズやヘコミはそのまま放置して売ったほうが得です。修理すれば車の価値は上がりますが、修理する費用は自腹なのです。修理費用分を増額してもらわないとまったく意味がありません。

 

 修理に自腹で5万円を支払っても、実際に評価されるのはよくて1〜2万円です。3〜4万円は損をしてしまうので、お金と時間をかけて修理する必要はありません。車検に関しても同様であり、車検を通してはいけません。かけた費用分を増額してくれることはまずないからです。

 

 キズやヘコミがあると、査定額は大幅ダウンになると思われるかもしれませんが、実際にはそれほど影響しないのです。車買取業者のスタッフも、小さなキズはあまり影響しないと言うほどです。自社工場で格安で直せるため、売り手が思っているほどマイナス評価にはなりません。

 

 それゆえ、車買取業者の査定を受ける前に修理するのは大損なのです。ただし、コンパウンドなどで消せるものなら、消しておいたほうがイメージはよくなります。新車に近いほど高く売れるので、洗車やワックス、コンパウンドによる手入れは行っておいたほうがいいでしょう。

 

純正品パーツを持参する

 ディーラー下取りよりも高値買取が期待できる為、近年では車を手放す際には車買取の専門業者を利用する人が少なくありません。傷やへこみに注意する、説明書や整備手帳といった付属品を欠かさずに揃えるなど、様々なポイントをおさえておくことで高額査定を導くことが可能ですが、何らかのパーツの交換を行っている場合、純正品パーツを持参するというのも重要なポイントです。

 

 エアロパーツなど、高性能な社外品が取り付けられた車は、ノーマルのものよりも価値が高いと考えられがちですが、実際にはカスタマイズされた車は、車買取の査定ポイントにおいてマイナスになってしまうケースが多くなっています。

 

 高性能な社外品パーツが取り付けられているにも関わらず、ノーマル車よりもマイナスの査定ポイントとなってしまう原因は、カスタマイズされた車は万人に受け入れられるとは限らないという点です。

 

 ニーズが限定的で、中古車市場での需要が安定しない為、一般的に車買取業者は安定して求められるノーマル車を高評価する傾向があります。

 

 しかし、純正品パーツを持参することで、カスタマイズによるマイナス評価を避けることが可能なので、パーツの付け替えを行う場合には処分してしまうことなく、大切に保管しておきましょう。

 

 

複数業者で査定を比較

 愛車を希望よりも高く買い取って貰いたいなら、複数業者に依頼するのが査定ポイントになります。もし、車買取を1社しかせず、そのことが業者にわかってしまうなら、業者は自分のところで売ることは確実だと考え買取額を低く見積もる可能性があります。

 

 業者としてはできるだけ低い買取額を出したいはずです。そのほうが儲かるからです。競争相手がいないならば、ユーザーは正確な相場を知らないはずなので、車買取を安く買い取ろうとする心理が働きます。そのような事態を防ぐためにも複数の業者に依頼することをお勧めします。

 

 たくさんの業者に見積もりを依頼するとしても、自分一人で行なうことは面倒なことです。一件ずつ訪問することは物理的に大変なことですし、電話をするにしても時間はかかります。そうした面倒なことを避けるため一括査定サイトを利用されるようお勧めします。一括査定サイトは1,2分もあれば入力が完了します。

 

 記入するのは名前や住所、電話番号やメールアドレスなどだけです。その後、業者から連絡が入ることになっています。後は、業者と見積のための日にちや日時を打ち合わせるだけです。一括サイトを利用することは、面倒もなく見積額も安くされるおそれがない査定ポイントです。

 

 

買取価格が高くなる時期を狙う

 中古車の買取価格は売る時期によって変動します。つまり一年の中で一番高く売れる時があるのです。それは春でこの季節になると新生活をはじめる人が増え、中古車の購入を考える人が増えます。中古車販売店は一番車の売れるこの季節には在庫がなくなり、積極的に高い価格で車買取をすすめます。

 

 春に向けて車を売ることが、買取価格を高くさせる査定ポイントでもあります。需要が多い時なのでこのタイミングに合わせて車買取の査定を受けてみましょう。一括査定のサービスを利用すればいくつかの買取店から見積もりがもらえて、一番高く車買取をしてくれるところが分かります。

 

 春に車査定を受けたからといって、実際に車買取をこの季節にすすめなければ車を高く買い取ってもらえなくなることもあります。それは中古車の買取価格は変動するからです。一番高くなる傾向にあるのは春ですが、わずかな期間のずれで車の価値が下がることもあります。査定を受ければ、買い取り店からすぐに連絡が来ますので、見積もりを比較しやすくなります。

 

 一番高く車を買い取ってくれるところが分かったら、その店に車の買取をすぐに依頼出来ます。実際の買取の前には車を直接見てからの査定が行われます。問題がなければ査定額がさほど下がることなく車を買い取ってもらうことが出来ます。

 

 

人気色をチェック

 車買取の査定額は車種や性能、年式、事故歴など、いろいろな要素で決定されますが、その中の一つのポイントにボディーカラーがあります。つまり、人気色であるかどうか、これによって査定ポイントが上がったり下がったりすることがあります。

 

 当然、そこにおいては人気の高いボディーカラーが査定ポイントを上げることになりますが、一般的には黒系や白系が人気色といわれています。理由は、正統的であり、無難であり、買い手がつきやすい色だからでしょう。日本の車買取市場においては、派手な色よりも標準的な色のほうが好まれやすいという特長があります。

 

 一方で、一般的に人気の高いボディーカラーであっても、その色が市場に多く出回っている場合は、逆に査定ポイントが落ちてしまうこともあります。これは、市場に多く出回ることで希少性がなくなり、その分の商品価値を下げてしまうためだと思われます。

 

 したがって白系や黒系のように一般的に人気の高い色でも、市場に多く出回っている場合は、査定ポイントが思ったよりも上がらないこともあるので、その点は車買取の際に気をつけておくといいでしょう。この点で大切なことは、その時々の市場の動向について調べてから車を売ることです。そうすればいいタイミングで、また好条件で車を売却することができます。

 

 

車内の消臭

 車買取の査定ポイントで意外と大きいのが車内臭なのです。喫煙者にとってタバコ臭はそれほど気にならないかもしれませんが、タバコ嫌いの方にとっては非常に不快です。自分では気にならない臭いも、他人からすれば強烈な悪臭と感じることが多いのです。汗やペットの臭いも同様であり、査定時にはマイナス評価となります。

 

 自分ではよい香りだと思っている香水の匂いも、不快だと感じる方は多いのです。臭いに関しては良い香り・悪い臭いに関係なくマイナス評価となります。理想的なのは臭いがまったくない状態であり、無臭にするのが最も高評価となります。

 

 車の臭いに関しては、車買取業者に査定を依頼する前に消しておきましょう。微香スプレーなどでごまかすよりも、消臭剤で無臭化したほうが絶対にいいです。喫煙車と比較すると、価値にして数万円は変わってくることが多いです。中古車の販売サイトを見ると、禁煙車であることをアピールしている場合があるでしょう。

 

 タバコを吸わない方にとって、タバコ臭は非常に不快なのです。喫煙者でさえ、他人のタバコ臭は不快に感じるという方が多いのです。タバコ臭は乗り物酔いの原因ともなるため、車買取業者の査定を受ける前に無臭にしておきましょう。

 

 

買取と下取りを使い分ける

 車を高額査定してもらうことを前提に見ていくには、一番高額な査定をしてくれるところを見つけるのが条件になるわけです。特に車買取に関しては買取と下取りを上手に使い分けるのが重要で、完全に廃車にするかという根本的な問題の違いが大きく関与していくのです。

 

 さらに提示された金額以上のものを目指していくためにも、過去の乗車履歴などを参考にして、賢いやり方を持って下取りに出すことが重要な方針となっていきます。 ちなみに比較するだけで20万円以上売却額がUPするという事はざらにあります。場合によっては60万以上かわることもあります。

 

 車買取に必要になっていくポイントをきちんとマスターすれば、査定ポイントと呼ばれる重要な項目もきちんとクリアしていくことが望めます。ディーラー側の意向が金額に少なからず影響していくことになりますが、これからの時代は激しい競争を繰り広げることも想定されるため、まずは査定ポイントと呼ばれる車買取のベースを知っておくことが肝心です。

 

 それから愛車を手放すときのタイミングも買取や下取り両方で大事になってきます。事前にディーラーにその旨を伝えることで、プランに合う方法で精査してくれるようになります。

 

 

買取額アップの交渉術

自分から希望額を言わない

 車買取は業者と個人の取引になることがほとんどであり、現代の人で毎日のように業者との取引をしているというような人はいません。スーパーなどの小売店を含めればそうでもありませんが、何十万円もの取引をする可能性のある席につくという体験自体が珍しいものです。その中では時折「価格は業者が決めるものだから」というように考えてしまっている人も少なくありません。

 

 ですが価格は業者が提示するものであっても、それで売るかは消費者が判断することです。そして業者からすれば車を売ってほしいわけですから、実は消費者が業者と交渉をすることは十分可能なのです。

 

 さて、しかしこれから買取価格の交渉をするということになると言いがちになってしまうのが「いくらで買い取ってほしい」というような希望額なのですが、これは絶対に言ってはいけません。というのも、希望する買取額が本来の買取額の限界よりも安いと業者は「ならその金額を出せば良いのだ」というように考えるからです。

 

 例えば50万円で買い取ってもらえたのに「最低でも30万円なら売っても良い」というように言ってしまうと、業者は「それなら精一杯だして35万円でお願いします」と言ってくるのです。車の買取額は消費者には分からない部分が多いのですから、希望額を聞かれた時は「高ければ高い方が良いです」や「他社と比較なので何とも言えません」というのがベストなのです。

 

 

車の良い点をアピールする

 車買取を行うなら少しでも価格が高いほうがいいです。その価格を決定するのが査定というものです。これは売る側と買取側との価格の交渉と言えます。このような査定は車の人気、年式、走行距離が大きく影響します。やはり車自体に人気のある車種ならそれだけ査定は高くなります。人気のある車種でもモデルチェンジをするつど査定は下がってしまいます。

 

 そういう意味でも年式はできるだけ新しいほうが査定が高くなります。購入後2年程度はまだ買取価格は高いといえます。走行距離も少ないほうが高くなります。2年なら2万キロ程度までがよい査定となります。

 

 車買取の価格を決定する一番大きいポイントは車の人気、年式、走行距離ですが、それ以外にも査定アップにつながる良い点をアピールするといいです。例えばオプションです。やはりオプションが多いほど査定アップが見込めます。

 

 例えばナビゲーションシステムや防犯に関するシステム、外観ではアルミホイールやエアロなども査定をアップするポイントになるのでアピールするといいです。また車買取は外観や内装はきれいな方が査定もよくなることがあります。日頃から車を綺麗に維持しているということは査定アップにつながります。

 

 

即決せずに複数査定を出す

 車を高く売るコツは絶対に即決しないことです。車買取の業者は、売り手に売却させるために今なら10万円アップなどと言葉巧みに勧めてくることがあります。人間は今だけという言葉に弱いので、このまま売却してしまう方が多いですが、実際には10万円アップという話は嘘かもしれません。

 

 本来の買取額は50万円だとしても、40万円という低い評価額を出してきて、その上で今なら10万円アップと言ってくる業者も多いのです。即決するとお得に感じますが、実際は損をするケースがほとんどなのです。色々な車買取業者で複数査定を受けて、比較交渉したほうが高く売れます。

 

 愛車の価値というのは、自分では絶対にわからないのです。価値は買い手が決めるものであり、売り手の言い値で売れることは少ないです。そこで、複数の車買取業者との比較査定と交渉が必要なのです。査定にはコストがかかるため、業者側としては査定をしたら絶対に買取したいと考えます。

 

 ライバルに買取されてしまえば、自社は査定コストがかかった分だけ損をします。3社くらいで査定を受けておけば、各社の査定額を競わせることができます。この方法は初心者が最も簡単かつ高く車を売却できる方法です。複数査定をするかどうかにより、査定額は10万円以上も変わってきます。

 

 

相場よりやや高い金額を提示する

 車買取で買取額アップを狙うなら買取相場よりも高い金額で買い取ってもらわなければいけません。そのためには自分が売りたい車の買い取り価格の相場を把握しておくことが必要です。大体の価格でもいくらくらいで売れるのかを知っていれば、その後の交渉もしやすくなります。

 

 まずは車買取の一括査定のサービスを利用して、いくつかの車買取業者から見積もりをもらって価格を比較してみましょう。いくつかの比較出来る見積もりがあれば、その中からの平均として考えられる金額が自分の車が売れる金額の相場として考えられます。

 

 一括査定でいくつかの車買取業者から見積もりをもらうと、平均的な買取金額が分かるのと同時に一番高い金額で車を買い取ってくれるところも分かるようになります。各社が提示する買取価格はばらばらなので、一番高い買取金額も分かれば一番低い買取金額も分かります。

 

 一括査定の返事の中から、一番高い見積もり金額を提示してきたところに車買取を依頼すると。一番高い金額で車が売れることになります。ただ実際の買取が行われるまえに実物の車を見て査定が行われます。極端に買取価格が下がるわけではないですが、最初の見積もり時より価格が下がるようなら平均額よりも高い価格で売れていることを交渉すれば、買取金額は下がらなくなります。

更新履歴